よもやのヨモヤマバナシ

日々気になっていることとか

西野亮廣さんについて思うこと。

f:id:RH0103:20210218105929j:image

最近、世間を騒がしている西野亮廣さんについて思うことがあり呟いてみます。

 

西野亮廣さんの経歴】(Wikipediaより)

1999年、梶原雄太キングコング結成。吉本総合芸能学院 (NSC) 22期生。

在学中から漫才の賞レースを多く受賞。

2001年、『はねるのトびら』のレギュラーに選ばれる。

2005年7月、フジテレビ月9ドラマ『スローダンス』でドラマデビュー。

同年秋からソロトークライブ『西野亮廣独演会』を月一で開催。

2009年1月26日、『Dr.インクの星空キネマ』を発売し絵本作家としてデビュー。

2010年1月25日、絵本『Zip&Candy -ロボットたちのクリスマス-』を出版。

2010年5月、小説『グッド・コマーシャル』を発表。

2012年11月、絵本『オルゴールワールド』を出版。

2013年2月、クラウドファンディングにより出資を募り、海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催。

2013年11月「TDW ART FAIR 2013」の「小川登美夫賞」「川崎健二賞」を受賞。

2014年8月、2015年8月、日比谷公会堂にて独演会を開催。

2015年4月海外独演会「西野亮廣独演会 in ニューヨーク」を開催。

2015年8月、「にしのあきひろ絵本原画展 in おとぎ町ビエンナーレ」を開催。

2016年1月、オンラインサロン「おとぎ町商工会(現・西野亮廣エンタメ研究所)」を開設。

2017年10月、株式会社NISHINOを設立。

2016年10月21日、絵本『えんとつ町のプペル』を出版。

2018年1月12日、振袖販売等を手がけるはれのひ倒産の被害者を対象とした「リベンジ成人式」開催。

2020年12月25日、映画「えんとつ町のプペル」が全国上映。

2021年1月30日、吉本興業とのマネジメント契約を終了すると発表。

 

本当はもっとボリュームがありましたが、だいぶ省略しました。あらためて見るとすごい経歴ですね。

この間、何度かいわゆる炎上をして世間を騒がせています。

 

【世間のイメージ】

彼の活動に詳しくない人にとっては、ツィッターSNSでの発言によりよく炎上するというマイナスなイメージが強いと思います。

 

最近では吉本興業退社についてもワイドショーだけを見ている人には、いわゆる「揉めやすい人」と思われる方も多いんじゃないでしょうか。

 

また、先駆者としてクラウドファンディングやオンラインサロンを取り上げたニュースではその本質よりも「お金儲けが上手い人」というイメージで語られてしまいます。

 

【個人的に思うこと】

以前、映画や絵本「えんとつ町のプペル」について感想を書きましたが、私は著作やオンラインサロンの記事、YouTubeやVoicy等のネットメディアの発言に触れる機会が多くどっちかというと西野亮廣さん寄りの考えをしてしまいます。

 

自分の限りある時間を自分の夢に全力で注げる人を残念ながら私は他には知りません。

少なくともその想いを外に発信している人はいません。

 

それでも最近の状況をできるだけ客観視すると

「出る杭は打たれる」を体現しているなと感じました。

 

正直、流れてくる情報の内、誰の何が正しくて何が間違っているかはわかりません。

 

吉本興業退社についても、組織と個人の価値観や利害が完全に一致することはないでしょう。

仮に組織のトップと一致していたとしても組織には多くの人間がいてトップに近いというだけでよく思わない人もいると思います。

 

これまでの西野亮廣さんの発言が一部の人を不快にさせているとまではいいませんが、気に入らない人が多くいるのもなんとなく理解できます。

 

非常に聡明で有限実行、容姿にも優れ女性にもモテます。書いてるうちにアイアンマンのトニースタークを思い出しました。

この時点でおそらく世の中の男性の半数は支持できません。(偏見です。)

 

また、常に前を見て新しいものに挑戦している姿は素晴らしいと思いますが、世の中の多くの人は不安定よりは安定、挑戦より現状維持を求めます。私どちらかといえばそうです。特に家族を抱える身としては…。

 

日本史の英雄、織田信長に憧れる人は多いですが、部下になりたい人はそうはいないと思います。秀吉や家康にしても直属の部下はしんどいと思います。

私はAppleも好きですがスティーブ・ジョブズの下も働けません。

 

現在の西野亮廣さんの現状は稀代のインフルエンサーとしては必然なのかもしれません。

 

【最後に】

西野亮廣さんが吉本興業退社問題に対してロザンの菅さんから説教されたとという内容のYouTubeで見ました。(聴きました。)

 

正直泣いてしまいました。

 

応援してくれる人を悲しませてしまった。傷つけてしまった。という言葉に感動しました。

 

織田信長スティーブ・ジョブズは絶対にこんな発言はしないです。(イメージです。)

 

陰ながら応援していましたが、今後も可能な限り応援したいと思います。

 

同じ気持ちの人が一人でも増えますように…。

 

別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)

別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)

  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: ムック